採蜜したての非加熱はちみつ入荷しました☆

「もち花」は東日本では珍しい「クロガネモチ」の花の蜜です。ちょっとスパイシーな独特の甘さは、どちらかというと大人味。生ハムやビターな味と合わせると笑顔が止まりません。

「みかん花」は、もちろん花の蜜なので実の香りとは違いますが、なんとも優しいうっとりする甘さはずーっと舐めていたくなると大評判です。スイーツとの相性バツグンです。

益々希少になってきた「れんげ」は只今採蜜中につき、7月~8月の入荷予定となっています。

カートはこちら

いずれも、完全非加熱ならではの素晴らしい香り。
本来であれば、非加熱が本当のはちみつで、今主流となっている加熱したはちみつは「加熱はちみつ」と表現して欲しいほど風味の違いを感じると思います。

非加熱はちみつカテゴリーページはこちら

はちみつは加熱すると44℃~46℃程度から酵素やミネラルなどの栄養素が壊れ始めるといわれています。当然ながら加熱するほど風味も落ちます。
しかし、加熱するほど濾過(不純物を取り除くため)や瓶詰めする時間を短縮できて、生産量も増やせて価格も抑えられるため加熱するのが通常です。

また、この沖養蜂場のはちみつは、蜂たちが運んで来た蜜を2、3日みんなでしっかり羽ばたいて水分を飛ばして凝縮され、しっかり抗菌力が高められた蜜なのです。
しかし、一般のはちみつは大量生産のため、この工程を待たずに採蜜されています。

福岡の柳川市とみやま市にまたがる山間の植物たちと蜂たちの働き、生産者の手間暇を惜しまぬ労力、そしてそれらによって生み出された見事な風味とたっぷりの栄養素を知ると、とてもコスパの高いはちみつであることをご理解いただけることでしょう。

おすすめ記事

  1. 新ものグリフォイオイル、先行予約販売スタート☆

関連記事

  1. 新ものグリフォイオイル、先行予約販売スタート☆
  2. 新ものパラシオ&カシータス先行予約販売☆
  3. ロリ・フェレールが日本に向かいました☆
  4. 「BASE」5%OFFクーポンプレゼント中☆
  5. パラシオ農園より動画が到着♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Posts

Archive

Calender

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP